急な体重の増加でできる妊娠線|保湿クリームを使った予防法を知ろう

女の人

保湿ケアでトラブル知らず

お腹

妊娠中の肌の悩み

妊娠中は身体の様々な変化を経験します。その一つに妊娠線があります。大きくなったお腹にできる妊娠線は産後も消えず、跡が残ってしまいます。赤ちゃんがすくすく育ってくれていることは喜ばしいのですが、できるだけきれいな肌を保ちたいものです。そのために出来るケアとして、妊娠線予防クリームがあります。妊娠線は急激にお腹が大きくなり、皮膚や皮下組織の伸びが追いつかず一部が断裂することで起こります。肌の弾力低下や乾燥も妊娠線ができやすい原因になっています。そのため、お腹が大きくなる前から、妊娠線予防クリームでしっかりとケアしておくことで、妊娠線の予防になります。妊娠線予防クリームは、様々な保湿成分が豊富に含まれているため乾燥を防ぐ効果があります。潤いのある柔らかい肌の状態に整えておくことが大切です。妊娠線が出来る部位はお腹だけでなく、お尻や太ももなど広範囲にわたるので、クリームの塗りやすさやベタつきがないなどの使用感も大事です。妊娠中の肌はホルモン変化の影響により、普段よりも敏感になっています。お腹の赤ちゃんのためにも、肌に優しく刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。妊娠線予防専用のクリームを使う方が安心といえます。また、お腹が大きくなり始める妊娠中期から後期まで、継続してケアを行っていくことが大切です。価格が高すぎたのでは、続けることが難しくなってしまいますので、自分の希望に合ったものを選ぶようにしましょう。お気に入りのクリームを見つけて、リラックスしてケアを続けていってください。